1. ホーム
  2. 建築士・建築技術者の皆様へ
  3. CPD制度について

建築士・建築技術者の皆様へ

CPD制度について

「CPD制度」のオープン化に伴い、会員以外の建築士、また建築施工管理技士等の建築技術者へも「建築士会CPD制度」への門戸が開かれ、より多くの方にご利用いただけるようになりました。(平成22年4月開始)

1.新CPD制度の概要

詳しくは、(公社)日本建築士会連合会ホームページへ

▲このページの先頭へ

2.CPD登録費用等(H26.4.1から料金改定)

会員 非会員
初期登録費 0円 2,050円
CPD制度参加申込書
データ登録・管理費 0円 2,570円/年(毎年徴収)
CPDカード
発行費
初回 0円

1,850円(特別郵送料含む)

再発行

1,020円(特別郵送料含む)

様式(PDF:164KB)

1,850円(特別郵送料含む)

様式(PDF:164KB)

事後申請データ登録料
※前年度まで遡ることが可
(ただし、今年度よりCPDに参加
された方は対象となりません)
510円/1申請
  1. 様式(PDF)

(愛媛県建築士会主催の講習会が対象です)

1,540円/1申請 
様式(PDF) 
(愛媛県建築士会主催の講習会が対象です)
自己申請
特例として建築士会が認める場合に、個人の申告によりCPD単位を申請し、単位認定を受けることができます
1,020円/1申請
※事務局へご連絡ください
2,050円/1申請
※事務局へご連絡ください
CPD単位履修証明書発行費

510円/1通 
様式(PDF:153KB)

2,050円/1通 
様式(PDF:153KB)
会誌・講習会案内提供サービス ×
  1. 正会員・準会員入会申込書
講習会受講料等割引サービス ×
建築CPD情報提供制度
※建築CPD情報提供制度の詳細は
建築技術教育普及センターホームページ
510円/年(希望者)
建築CPD情報提供制度とは、建築CPD運営会議(事務局:(公財)建築技術教育普及センター)が運営しています。
対象資格:建築士、建築設備士、建築施工管理技士

▲このページの先頭へ

3.建築施工管理技士(建築技術者)の方へ

建築士会へ入会されると、準会員となり、「建築士会CPD制度」の初期登録費用やデータ登録・管理費、講習会受講料金割引サービスが受けられますので、お勧めいたします。

▲このページの先頭へ

<参加者の方へ>
4.CPDシステムの利用方法

(1)CPDシステムログイン(初期登録をお願いします。)

参加者用URL  https://jaeic-cpd.jp/

(2)認定教材の解答や取得単位の確認方法

参加者用URL  https://jaeic-cpd.jp/

(3)現在認定されているプログラム情報の一覧はこちらから

CPD認定プログラム検索  https://jaeic-cpd.jp/cpd_prg_list.php

(4)ガイドライン

参加者用URLの利用手順は、下記のガイドラインをご参照ください。
CPD参加者用ガイドライン

▲このページの先頭へ

<団体、建築士会支部、建築士会委員会代表の方へ>
5.主催する講習会の申請方法について

(1)プロバイダー登録申請書

建築士会に提出してください。
愛媛県建築士会用 申請用紙(WORD:34KB)

(2)CPDプログラム認定申請書類(送付状用紙)

講習会を計画しましたら、下記URLから、講習会プログラム情報を入力し、入力後、送付状を添えて建築士会へ申請してください。

プロバイダー用URL  https://jaeic-cpd.jp/index_p.php
 送付状用紙

(3)ガイドライン

講習会を計画しましたら、下記URLから、講習会プログラム情報を入力し、入力後、送付状を添えて建築士会へ申請してください。

プロバイダー用ガイドライン(連合会のホームページへ)

①プログラム審査費
5,140円/1プログラム(1開催あたり)
②プロバイダー登録費
51,420円/年間

①プログラム審査費とは、研修プログラム主催者(士会以外)から申請に基づく、1プログラム(1開催分)当たりの審査料
②プロバイダー登録費とは、研修プログラム主催者が、建築士会CPD制度へプロバイダーとし期間登録する場合の費用(プロバイダー主催によるプログラムにはプログラム審査費はかかりません。)

▲このページの先頭へ

CPD制度関連用紙等ダウンロード一覧

個人 建築士会入会及びCPD参加登録申込書
    1. 正会員・準会員入会申込書
CPD制度参加登録申込書 CPD制度参加申込書
証明書発行申請書  様式(PDF:153KB)
専攻建築士申請に係る※実績証明のためのCPDデータ登録申請用紙 (21年度まで)
「建築士継続能力開発(CPD)データ登録申請書」(エクセル:35KB)(21年度までの書式)
「愛媛県建築士会継続能力開発(CPD)実務実績シート」(エクセル:38.5KB)(21年度までの書式)
実務実績シート記入例(エクセル:44KB)

▲このページの先頭へ

(公社)愛媛県建築士会CPD単位履修証明書発行手続きのご案内

申請方法

受付期間 随時 ※以下を除く
①土・日・祝日 ②お盆休み ③12月29日から翌年の1月3日まで
受付場所 (公社)愛媛県建築士会事務局
790-0002 松山市二番町4-1-5 建築士会館2階
申請方法 申請用紙を記入し、手数料を払い込みのうえ、事務局まで、郵送もしくは持参ください。
※申請書を提出する前に必ず参加者URLにシステムログインしておいてください。

<平成21年度以前が対象>
CPD手帳のシールの読み取りをしていない方へ(CPD単位の登録)

遡って登録することが出来ます。
受付期間、受付場所は上記と同じですが、申請書類は替わります。
単年度ごとに申請してください。

(1)「建築士継続能力開発(CPD)データ登録申請書」(21年度までの書式)
(2)「愛媛県建築士会継続能力開発(CPD)実務実績シート」(21年度までの書式)
(3) CPD手帳
(4) 手数料 単年度毎に2,050円(過去3年分申請=6,150円となります。)
  持参または、郵便局に払い込んでください。

郵便局口座番号 01660-6-29015
加入者名 公益社団法人愛媛県建築士会
通信欄に ○○年度分CPD申請 と記入し、払込受取り書のコピーを提出ください。

  • 読み取りしているか分からない方は手帳をご覧ください。読み取りしているシールにスタンプがおされてありますが、分からない方は、事務局へお問い合わせください。
  • 22年度からは上記の参加者用URLに入り、「建築士」の連載講座の解答等行ない、CPD単位を各自で取得してください。