1. ホーム
  2. 建築士・建築技術者の皆様へ
  3. 専攻建築士制度について7

専攻建築士制度について

専攻建築士制度は、消費者保護の視点に立ち、高度化し、かつ多様化する社会ニーズに応えるため、専門分化した建築士の専攻領域及び専門分野を表示することで、建築士の責任の明確化を図る目的の自主的な制度です。詳しくは(公社)日本建築士会連合会ホームページ(http://www.kenchikushikai.or.jp/senko-new/summary.html)をご覧ください。

以下の期日に認定された専攻建築士の登録有効期間を延長します。

認定日 有効年月日 改正による有効年月日
  平成23年11月2日   平成28年11月30日   平成29年3月31日
  平成24年12月7日   平成29年12月31日   平成30年3月31日
  平成25年11月6日   平成30年11月30日   平成31年3月31日

会員限定 WEBで更新申請ができるようになりました
操作方法は(公社)日本建築士会連合会のホームページをご覧ください。

平成28年度専攻建築士制度申請受付(新規・更新)

申請受付期間等

申請受付期間

新規・更新申請      平成29年1月4日(水)~平成29年2月28日(火)

更新WEB申請(会員限定)  平成29年1月4日(水)~平成29年2月28日(火)

受付場所 (公社)愛媛県建築士会事務局 〒790-0002 松山市二番町4-1-5
申込方法

申請に必要な書類を上記場所へ持参、または託送便、簡易書留による郵送にて申請してください。

WEB申請は専攻建築士管理システムよりログインしてください。

新規申請対象となる建築士

  1. CPD単位12単位以上(申請年の前年1月1日~申請年の前年12月31日の1年間に取得した単位)
  2. 建築士免許取得後5年以上の実務経験があること
  3. 2の実務実績のうち「責任ある立場の実務実績」が3件以上あること

以上の3件を満たすことが条件となります。

更新対象者の更新条件

  1. CPD単位60単位以上(申請年の5年前の1月1日~申請年の前年12月31日の5年間に取得した単位)
  2. 資格取得30年以上の方で、定期講習または特別認定講習受講者

▲このページの先頭へ

関係書類の配布方法

申請書の配布:下記から必要な用紙をダウンロードしてご使用ください。

(公社)日本建築士会連合会ホームページ

▲このページの先頭へ

申請に必要な書類

  • 審査・登録申請書(登録誓約書等を含む指定書類。なお、提出された書類は返却できません)
  • 写真2枚 縦3.0㎝×横2.4㎝(無帽、無背景、正面上3等身を写した証明写真。3ヶ月以内のもの)
    ※登録者カード作成の都合により、プリンター出力での写真はご遠慮願います。
  • 建築士免許証の写し、及び他建築関係資格免許証の写し
  • CPD実績証明書の写し(愛媛県建築士会発行のもの)※発行手続きについてはCPD制度ををご覧ください。

▲このページの先頭へ

手数料

●新規申請手数料(税込)カード・バッチ含む

  •    1領域 士会会員 17,280円  非会員 29,160円
  •  2領域 士会会員 28,080円  非会員 47,520円
  •  3領域 士会会員 38,880円  非会員 65,880円
  • ●更新申請手数料(税込)カード・バッチ別※書類申請の場合
  •  1領域 士会会員 12,960円  非会員 29,160円
  •  2領域 士会会員 15,120円  非会員 31,320円
  •  3領域 士会会員 17,280円  非会員 33,480円
  • ●更新申請手数料(税込)カード・バッチ別※会員限定WEB申請の場合
  •  領域に関わらず一律9,720円
  • ●登録証等の再交付

 専攻建築士登録証    士会会員 2,160円 非会員 4,320円

 専攻建築士登録証カード 士会会員 2,160円 非会員 4,320円

 専攻建築士バッチ    士会会員 2,160円 非会員 4,320円

▲このページの先頭へ

振込方法

郵便局

郵便局に備え付けの振込用紙にて、下記本会指定の郵便口座に払込納入し、その際渡される「振替払込請求書兼受領証」の写しを申請書類確認書の所定欄に貼付してください。

郵便口座 01660-6-29015
名義 (公社)愛媛県建築士会
※通信欄に専攻建築士申請手数料と記入ください。